トップラインプロダクト News flash

オートサロン パート2

東京オートサロン2014
トップラインプロダクト・ブース
PART 2







今回の目玉のひとつ

アラゴスタEPAシステム

をちょっとご紹介。


サロン展示EPA2


後付け出来る車高調整電動ユニットです。

手前にある細長い筒状の中に小型モーターを内臓。

スプリングプリロードアジャスターが駆動する仕組みです。



専用コントローラーまたはアプリを入れたスマートフォンで操作できるので

走る場所に応じて自由かつ手軽に車高がイジれるのがポイント。




サロン展示EPA1



例えば、

街乗りでは様々な路面を考慮して25mmダウン。

高速やサーキットでは30mmダウン。

はたまた段差を乗り越える時には元の車高にUP等、

手元操作で便利に使えます。






また、前後左右個別の車高調整が可能で、

これはサーキットでの荷重配分セッティングやコーナーウエイト設定にも重宝。


さらに、電源ON時には直前の設定車高に自動で復帰するメモリー機能付き。





サロン展示EPA3

ご覧の後付けユニットと専用ECUを接続すれば
今お使いのアラゴスタも電動車高調式に大変身です。





気になる発売時期は…

第一弾として「車高調整量30mmキット」を5月に発売予定です。


発売が決まり次第、改めて詳しくご紹介します。

どうぞお楽しみに!















そして、もう一つの目玉がこちら!

アフターパーツ初のセミアクティブサスペンション!!

アラゴスタ Type-SA



サロン展示SA



アフターパーツもついにここまで来た! といった感じです。



専用ECUと3Gセンサーが四輪の挙動を読み取り、

瞬時に減衰力調整を行う 電子制御サスペンション です。





外付けモーター等を介すのではなく

ダンパー内部バルブをダイレクトコントロールし、

その反応速度は8mm秒(8/1000秒)。




ノーズダイブやスクォート(前上がり/尻下がり)時には

荷重側を即座にハードに、反対側をソフトに調整。

同じくコーナリングも内側、外側を四輪個別に自動で行います。




減衰力設定は5段階で、

コンフォートからサーキットまでカバー。


操作は付属のコントローラーまたはアプリを入れたスマートフォンにて。







また、

純正セミアクティブサスを採用する R35ダンプトロニック

ポルシェのPASM 等については個別に開発。



カプラーオンで純正スイッチがそのまま使えるキットを準備中です。

サロン展示SA_2



第一弾はR35 GT-R用 で5月発売予定。


こちらも、どうぞご期待ください。






次回はサムコブース展示をご紹介する予定です。




























スポンサーサイト
  1. 2014/01/23(木) 17:38:15|
  2. イベント

プロフィール

トップラインプロダクト

Author:トップラインプロダクト
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Aragosta (50)
SAMCO (45)
merwed (1)
Roehrig (1)
Other (11)
イベント (15)
業務連絡 (1)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR