FC2ブログ

トップラインプロダクト News flash

名車ネタシリーズ! その1

懐かしの名車にも対応!
180SX&シルビア専用サムコ&アラゴスタ!






今回は少し過去に遡って当時、一世を風靡した

180SX&シルビアをピックアップ!

適合するサムコとアラゴスタを紹介しましょう。


まだまだ現役バリバリの活躍も目にする180とシルビア。


ただ、中には年数や走行距離による性能劣化で、

本来の走りが失われてる車両も多いハズ。





例えば エンジンルームのホース類。

古くなったホースのリフレッシュにオススメなのがサムコです。

s15サムコクーラント

▲SAMCOクーラントホースキット for S15 シルビア




s14サムコターボ

▲SAMCOターボホースキット for S14 シルビア




純正の形をそのまま忠実に再現しているので取付もぴったりフィット!

強度、耐久性共に純正以上なので

まだまだ長く乗り続けたいオーナーはぜひ!




ちなみに適合ラインナップは。。。


クーラントホースキット
180SX/シルビア
・RPS13/PS13/S14(SR20DET)
・RS13/S13 (CA18DET)
・S15      (SR20DET)

ターボホースキット
180SX/シルビア
・RPS13/PS13 (SR20DET)
・S14      (SR20DET)





そして、サムコはカラーも豊富!

サロン展示samco_2



おもいおもいのカラーでエンジンルームを演出出来るのも魅力です!

サムコについては コチラ をご覧ください!









そして、足回りといえば 車高調。

こちらも年数や走行距離で本来のパフォーマンスは薄らいでしまうもの。

それはノーマルサスも同じですよね。



気持ちよく走るには しっかりと機能するサスペンション は欠かせません。



その昔、ストリートにしてサーキット仕様ばりに硬い脚が人気の時代もありましたが

アラゴスタでは日本上陸以来、アップダウンや凸凹等、日本の道路に

最適な走りの性能と乗り心地を両立するための減衰力特性に拘ってきました。

それにはサスペンションが良く動くこと。

アラゴスタも第三世代モデルに突入し、驚く程の性能へと進化を遂げました。



s15アラゴスタタイプs

▲アラゴスタ Type-S for S15 シルビア




と、話が脱線ぎみですが。。。言いたいことは

新しい時代の性能を取り入れることで、もっと走り易く、楽しくなるという提案です。




180、シルビアが爽快なマシンになりますよ。




s13アラゴスタ_タイプe

▲アラゴスタ Type-E for S13 180SX/シルビア




アラゴスタのラインナップは。。。

Type-S [スポーツ性重視の最高峰スペック]
※ピロアッパーマウント仕様とラバーアッパーマウント仕様の2種を設定
・(P)S13/R(P)S13 バネレートF/R:7kg/5kg
・S14 バネレートF/R:8kg/6kg
・S15 バネレートF/R:9kg/7kg

Type-E [市街地走行に適した乗り心地で手頃なプライス]
※ピロアッパーマウント仕様とラバーアッパーマウント仕様の2種を設定
・(P)S13/R(P)S13 バネレートF/R:7kg/5kg
・S14 バネレートF/R:7kg/5kg
・S15 バネレートF/R:8kg/6kg

ちなみに、バネレートはオーダー時に±3kgまで変更出来ます。
また、お好みの特性もオーダー可能です。
詳しくはお問い合わせください。

アラゴスタについては コチラ をご覧ください!





























スポンサーサイト
  1. 2015/04/03(金) 16:07:38|
  2. Other

プロフィール

トップラインプロダクト

Author:トップラインプロダクト
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Aragosta (50)
SAMCO (45)
merwed (1)
Roehrig (1)
Other (12)
イベント (16)
業務連絡 (1)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR